アルバイト・バイトやパートの求人情報

アルバイトでの人間関係

アルバイトをするようになると自分だけで働いているわけではありませんから、もちろんアルバイト先の職場の人間関係に悩まされてしまうこともあります。

 

先輩から意地悪をされたり、無理な仕事を押し付けられてしまったりすることがありますが、可能な限り問題を避けていくために1人で抱え込んでしまわずに上司に報告するようにしましょう。

 

職場の中で喧嘩になってしまうのは良くないことですから、直接揉め事が起きないように対処することが大切です。

 

先輩などではなく、店長などの上司から無理難題を押し付けられてしまう場合には改善が難しいので、アルバイト先を変えるといった選択も時には必要になってきます。

 

チェーン店などであれば本社に連絡を入れることで改善されるケースがあるので、このような対処方法についても考えておくようにしましょう。

 

気に入られるように無理をする必要はありませんし、自分のスタイルでしっかりと働いていれば問題はありません。

 

アルバイトが終わってからの飲み会や、食事などの人間関係についても負担を感じるようであればはっきりと断るようにしましょう。

 

それでいじめなどにつながるようであれば、アルバイト先の職場全体の雰囲気そのものが悪くなるし、連携が取れていない証拠ですから、どちらにしても長く働かず他の職場を考えるのが最適な手段だと言えます。

 

 

アルバイト選びの注意点

アルバイトを選ぶ際にお給料などで選んでしまうことが多いですが、実際にはアルバイト選びの注意点を知っておかないと、後になって辛い思いをすることがあります。

 

まず働く前の段階で必要なものがあるなどと言われ費用が必要になってしまうようなケースは避けたほうが無難でしょう。

 

自宅で働くことができるようなアルバイトの中にはこうした落とし穴を持っているものが沢山あるので、気をつけなくてはなりません。

 

面接の際に聞いていた内容と働きだしてから内容が変わってしまうような職場もあるので、お給料についてや勤務時間について面接の際に必ず確認しておくようにしましょう。

 

万が一求人サイトや求人広告に掲載されていた条件と違った説明を受けた場合には、指摘しても良いです。

 

この部分をしっかり指摘しないまま採用されてしまうと表示されていたお給料がもらえないなどというトラブルが生じてしまいます。

 

女性に限って言えば、健全なアルバイトだと思っていたら、如何わしい内容だったなどということもあるので、アルバイトの仕事内容が気になる場合には、面接を受ける前の段階で電話で内容についてしっかりと確認するなどの注意が必要になります。

 

無理をして働いてしまえば体に大きな負担がかかるので、ライフスタイルをしっかりと考えながら無理のない範囲の中で働くようにしていきましょう。

 

 

 

アルバイト面接での服装について

アルバイトの面接を受ける際には失礼のないような服装をして行く必要があります。

 

わざわざスーツなどに着替える必要はありませんが、清潔感があり、好印象となるものを選びましょう。

 

男性の場合にはTシャツなどは避けて、ボタンのあるポロシャツなどを選ぶと良いです。

 

デニムなどでも良いですが、あまりダボダボとしたものではなく、ある程度体にフィットするものを選ぶようにしてください。

 

女性はスカートでもパンツでも良いですが、パステルカラーのブラウスなどを着ていると印象が良いです。

 

日頃から露出の多い人の場合には絶対に露出を控えるようにしましょう。

 

服装だけでなく、髪型や手元などの印象にも注意が必要です。

 

街行く人が振り返ってしまうような髪の色や、とても長いつけ爪などというのはアルバイトと言えど働く意欲があるのかと疑われてしまうので、避けなければなりません。

 

アクセサリーに関しても特に必要なものはありませんから、外していくようにしましょう。

 

アルバイト面接の服装で採用に大きな影響を与えますし、イメージも違ってくるものだと言えます。

 

日頃友人と遊びに行くような服装でアルバイトの面接に出かけてしまうと、本当に働きたいという意欲が感じられずに軽々しい人間だと思われてしまうことがあるので注意しなければなりません。

 

この点を注意してアルバイトの面接を行い、仕事を始められるようにしましょう。